ヤクゴの取り組み

薬剤師募集中

地域医療に根ざした、質の高いサービスをご提供

これからの取り組み

地域のニーズに積極的に対応していきます。

セルフメディケーションの支援

OTC医薬品、在宅関連商品の取扱いを拡大

日本薬剤師会は「自己の健康管理のため、医薬品等を自分の意思で使用すること。」をセルフメディケーションと定義し、薬剤師が医薬品等について積極的に情報を提供し、アドバイスする役割を担うことを求めています。
2009年6月から、OTC医薬品(市販薬・一般用医薬品)の販売に関する制度改正(改正薬事法)が施行されました。薬事法改正により医薬品の分類も大幅に変わり、登録販売者制度が新たに制定されました。
こういった状況を踏まえ、処方箋のみの受け身の薬局から体質改善し、薬剤師と個人的な繋がりを醸成する「OTC医薬品の取り扱いの拡大」と、これから本格的な取り組みとなる「在宅」、この在宅に関連した商品の取扱いをヤクゴ薬局の取り組みの大きな柱と捉えています。

質の高い薬剤師の育成

臨床知識や実戦能力を身につける

薬学6年制が始まり、6年生教育へ移行によるポイントは
  • 1.教養教育の充実
  • 2.医療薬学(臨床薬学)の充実
  • 3.実務実習の充実 の3点が挙げられています。
特に長期実務実習により授業では学べない実際の患者さんとのコミュニケーション力や、現場での臨床知識など、実戦能力を身につける教育が行われています。
この様な教育制度の変革に習い、薬剤知識に止まらず、臨床知識の吸収や、コミュニケーション力を養い、お客様に信頼される薬剤師の養成を目指しています。
その一環として、日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師制度や、漢方薬、生薬認定薬剤師制度、実務実習指導薬剤師制度等の取得を奨励すると共に、在宅業務関連でケアマネージャーの資格取得も奨励しスキルアップを図れるよう支援しています。

バイタルサインチェック

よりよい処方内容へ繋げるために

薬剤師の使命として、「医療安全の確保」と「医薬品の適正使用」が挙げられます。これらを達成するためには、副作用チェックと効果発現の確認を薬剤師自身が行う必要があります。
副作用で言えば、患者さんのバイタルサインやフィジカルアセスメントの実施によりわかるものが循環器系や呼吸器系を中心にたくさんあります。副作用モニタリングを目的としたバイタルサインチェックとそれらに基づいたフィジカルアセスメントは薬剤師の業務です。
特に在宅業務において、バイタルサインを取ってフィジカルアセスメントを行うことにより、次回の処方内容を患者さんにとってより良いものにするよう医師に処方提案することは、チーム医療において「薬剤師を積極的に活用することが可能な業務」と言えます。

豊郷店

〒529-1168
犬上郡豊郷町八目19-2
TEL(0749)35-5188(代)
FAX(0749)35-3821

守山店

〒524-0103
守山市洲本町1256-7
TEL(077)584-3001(代)
FAX(077)584-3002

平田店

〒527-0085
東近江市下羽田町30-1
TEL(0748)25-2310(代)
FAX(0748)25-2311

南豊郷店

〒529-1174
犬上郡豊郷町下枝23-7
TEL(0749)35-3281(代)
FAX(0749)35-3282

ぶーめらん店

〒523-0894 
近江八幡市出町308-1
TEL(0748)31-3465(代)
FAX(0748)31-3486

日野店

〒529-1601
蒲生郡日野町松尾988-4
TEL(0748)53-1895(代)
FAX(0748)53-1898

豊郷フラワー店

〒529-1169
犬上郡豊郷町石畑213-3
TEL(0749)35-5511(代)
FAX(0749)35-5516

北之庄店

〒523-0806
近江八幡市北之庄町399-15
TEL(0748)33-1171(代)
FAX(0748)33-1172

日野おおくぼ店

〒529-1603
蒲生郡日野町大窪1012-4
TEL(0748)53-1133(代)
FAX(0748)53-1125

彦根店

〒522-0054
彦根市西今町1131-17
TEL(0749)27-0895(代)
FAX(0749)27-0894

能登川店

〒521-1223
東近江市猪子町131-3
TEL(0748)43-6895(代)
FAX(0748)43-6896